不具合管理

defect.gif
部長から呼ばれて
   
部長 :「何故君のところはいつもトラブルんだ.」
リーダ:「がんばってやってるんですが.」
部長 :「(冷たく)それで?」
リーダ:「もっとがんばります.」

がんばる以外の答えを持ちたいあなたに xDTS の不具合管理!

xDTSではリアルタイムに発生している不具合の状況(ステータス)を知ることができます.集計機能を利用することによって,どの箇所で不具合が多いかも知ることができます.日々の状況に従って,管理者もリーダも適切な手を打つことができます.また,関連する同僚の報告を検索から知ることによって,良い他の対処策を知る機会もあります.

プロジェクトが終わったら,QAや開発者はプロジェクトを振り返りましょう.不具合管理をさまざまな見方から解析することができます.例えば,不具合レポートのステータスの推移(ある日時において,不具合の発見状況/処理状況はどうだったか)を解析します.これによって,テストの進め方について,新たな発見があるかもしれません.また,不具合を作りこんだ場所は,開発の進め方そのものを考える上で,有効な材料になるはずです.

振り返って確認しても,それが生かされなければ意味がありません. xDTSではそれらの情報をノウハウ管理へまとめることが可能です.今回の経験を次のプロジェクトの指標として利用することでさらなる効率化を図ることが出来ます.

不具合管理のワークフロー

WorkFlow_DDTS.png


これは典型的なxDTSを用いた場合のワークフローを示しています.もちろん,ワークフローの設定の仕方は自由です.


Counter: 658, today: 2, yesterday: 4

添付ファイル: filedefect.gif 1045件 [詳細] fileWorkFlow_DDTS.png 1101件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-22 (金) 19:05:25 (507d)